銀行はおまとめローンにも使えるカードローン

借りたい方の多い銀行は審査が厳しい!通れば低金利でおまとめOK

借金まみれになってしまい、毎月の返済が厳しくなってくると、なんとか返済の負担を軽減することができないかと画策します。まずダメージが少ない方法として考えるのが、おまとめローンです。おまとめローンなら、他の方法と違って前向きに完済に向かって進めるのでダメージも少ないのです。

 

 

しかし、おまとめローンを考える場合には慎重になる必要があります。おまとめローンにすればすべての問題が解決し必ず負担が軽くなると思い込んでいる人も多いようですが、必ずしもそうなるわけではりません。

 

なぜなら、人によってはおまとめローンをしたことで、もっと毎月の負担が重くなってしまう場合もあるからです。例えば、おまとめローンに申し込む人の希望にも様々です。毎月の返済額の負担を減らしたいという希望もあれば、総支払額を減らしたいという希望もあるのです。

 

結果的には総支払額を減らした方が、借金額が減るのでお得なのですが、それでも毎月の返済額を減らしたいと希望する人が少なくないのです。

 

そのような人たちは、もはや毎月の生活が成り立たないくらい追い詰められているのです。だから、総支払額よりも毎月の返済額を減らさないと生活していくことができなくなってしまうのです。

続きを読む≫ 2014/12/11 10:09:11

キャッシングを利用するなら、より利用しやすく安心できるところを選びたいところですよね。そんなキャッシング業者を選ぶためには、事前に調べておかなくてはなりません。そこで、モビットを選んでみてはいかがでしょうか。

 

安全性に関しては問題ないので、まずはその特徴について知ってみましょう。

 

モビットについてあまり知らない方も多いと思いますが、その安全性は全く問題ありません。安全性について調べる上で重要なのは金利ですが、その金利は低金利に設定されているので特に問題もないはずです。

 

また、バックに銀行が付いているので、銀行に対する安全性というのも得られるのではないでしょうか。

 

もちろん、取り立てが来るようなこともありません。キャッシングといえば取り立て、というイメージがあるかもしれませんが、今ではその心配も必要ないのです。ただし、だからといって滞納してもよいわけではありません。その点を間違えないようにして、利用していきましょう。

 

以上のように、モビットの安全性は高く評価されているのです。もしキャッシング業者をうまく選べない方は、まずこの業者から選んでみてはいかがでしょうか。きっと、満足のいく利用になるはずです。

続きを読む≫ 2014/11/16 09:19:16

プロミスの申込みは、パソコンやスマホで簡単にネット申込みができます。契約の際には保証人や担保が不要なので気軽に手続きができます。必要書類は、借り入れ希望の限度額によって異なります。

 

例えば限度額50万円以下の場合は、本人確認書があれば契約可能です。運転免許証や保険証やパスポートが有効なので、このうち1つあれば契約できます。キャッシングを初めて利用するときは限度額50万円以下のケースが多いので、ほとんどの場合は運転免許証1枚で借入できるわけです。

 

もちろんプロミスでは高額融資も可能です。何と最高限度額500万円という余裕の融資限度額です。他社との借入金額との総合計100万円を超えるときや限度額50万円を超えるときには、収入証明の提出が必要となります。源泉徴収票や確定申告書や給与明細書などが収入証明書として有効です。

 

申し込みの際にもう1つ気になるのが在籍確認です。申込者の勤務先に直接電話で在籍を確認されます。職場によっては上司が煩かったり、会社の人になるべく知られたくないときもあります。でもプロミスでは在籍確認の電話では、会社名は名乗らずオペレーターの個人名で電話をします。

 

なので取引先の会社から電話があった感じでごく自然なので、会社にキャッシングがバレる心配はありません。このようにプロミスの申込みはとてもスムーズに行えるのが特徴だといえます。

続きを読む≫ 2014/09/23 19:25:23

昨今、カードローンのCMを見かけることも増え、使ってみたいけど、どれを選んでいいのかわからない・・・という意見も多いと思います。発行できる会社も消費者金融から、地元の金融機関まで、様々な企業で展開されています。

 

カードローンで一番のメリットといえば、やはり金利でしょう。金融機関系であれば、5%前後から借りられますし、消費者金融系であれば15%前後と、借りる会社によって、金利に10%もの開きが出てしまいます。お金を借りるということは、つまりは返さなくてはなりません。借りる金額が大きくなればなるほど、金利が重くのしかかってきます。

 

カードローンを利用する際には、金利には特に気をつけたいものです。ただ、金融機関の場合ですと、消費者金融よりも審査が通りづらいというデメリットもあります。もちろん借入希望金額や、年収に左右されるわけではありますが、金融機関系の審査が通らなかった場合、消費者金融系に頼る必要も出てきます。

 

その際にも金利のチェックはした方がいいでしょう。会社により金利が違うのは、どちらも変わりはありません。もう一点、消費者金融系に頼る場合、はじめは利用限度額は低めに設定するようにした方がいいでしょう。

 

金利が金融機関系よりも高いためです。毎月しっかり返済できていれば、限度額アップもできますから、初めは無理ないようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/05/17 05:56:17

改正貸金業法が2010年に施行されましたが、これを総量規制と呼びます。内容は、個人が金融業者から融資を受ける場合、年収の1/3以上を超えてはならないというものです。返済能力以上の、お金を借りられなくなりました。

 

総量規制が適応される金融業者は、消費者金融と信販会社の他、クレジットサービスから無担保で融資を受けられるものです。ひとつの金融業者から50万円以上のキャッシングを受ける場合と、いくつかの業者から融資されてる金額が100万円以上となるケースでは、収入・年収を証明できる書類の提示を要求されます。

 

この法律の対象とならないのは、マイホームローンとマイカーローンの他には、高額医療費のローンです。そして、銀行の提供するサービスは、対象外になります。消費者金融でも銀行系の大手企業がありますが、こうした業者は残念ながら法律が適応されるのです。法律が適応されないのは、銀行が提供するサービスだけとなります。

 

銀行からは規制額以上の融資を受けられると思えますが、審査が問題です。返済能力がなければ、審査を通過できません。この点は厳しいので、まずは銀行から融資を受けられるようにして措いて、それから徐々に利用限度額をあげてもらわなければなりません。

続きを読む≫ 2014/04/12 14:25:12