銀行はおまとめローンにも使えるカードローン

MENU

融資限度額と総量規制の大きな関係

改正貸金業法が2010年に施行されましたが、これを総量規制と呼びます。内容は、個人が金融業者から融資を受ける場合、年収の1/3以上を超えてはならないというものです。返済能力以上の、お金を借りられなくなりました。

 

総量規制が適応される金融業者は、消費者金融と信販会社の他、クレジットサービスから無担保で融資を受けられるものです。ひとつの金融業者から50万円以上のキャッシングを受ける場合と、いくつかの業者から融資されてる金額が100万円以上となるケースでは、収入・年収を証明できる書類の提示を要求されます。

 

この法律の対象とならないのは、マイホームローンとマイカーローンの他には、高額医療費のローンです。そして、銀行の提供するサービスは、対象外になります。消費者金融でも銀行系の大手企業がありますが、こうした業者は残念ながら法律が適応されるのです。法律が適応されないのは、銀行が提供するサービスだけとなります。

 

銀行からは規制額以上の融資を受けられると思えますが、審査が問題です。返済能力がなければ、審査を通過できません。この点は厳しいので、まずは銀行から融資を受けられるようにしておいて、それから徐々に利用限度額をあげてもらわなければなりません。

 

消費者金融でも利用限度額は徐々に上げてもらうことは可能で、初回は大きな金額が借りられないとしても、利用実績によってはまとまった金額が借りられるようになります。初回の限度額が控えめとなる消費者金融のプロミスでも何度もしっかりと返済をしていれば大きな金額での融資も可能となるため、はじめの限度額が少ないからといって落胆をすることはありません。

 

プロミスなら限度額の増額も含めて分からない部分は店舗でも相談が行えるようになっているので、スムーズな利用を考えたいと思う方は札幌のプロミス店舗を利用する手続きを検討してみると良いでしょう。